UWC ISAKの説明会にご参加いただきありがとうございました。

本園の姉妹校(東京ウエストインターナショナルスクール)で開催された日本最高峰のインターナショナルスクールと呼ばれるUWC ISAKの説明会。

当日は、UWC ISAKの説明会だけではなく、デザイン思考のワークショップも開催されました。

GSAインターナショナルスクールの姉妹校であり小学部・中等部のある東京ウエストインターナショナルスクールでUWC ISAKの説明会とワークショップが開催されました。

中等部生徒が参加したワークショップも見学された保護者も多かったようです。

本園は保育・幼稚部ですが、姉妹校の東京ウエストインターナショナルスクールの小学部・中学部へ内部進学できるため、このような高等部の進学先をイメージした進学イベントを開催しています。

UWC ISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)から考える2歳からの本当の国際教育とは?

話が少しずれますが、なぜ本園の2歳から5歳の保護者にUWC ISAKの説明会に来て欲しかったのか?
それは、本当のインターナショナル教育に触れて欲しかったからです。

3歳クラスの授業風景。いつもの授業風景です。

多様な文化を尊重し、その上でコミュニケーションしながらお互いを理解し合う。

英語で学ぶ保育・幼稚部はすべて「プリスクール」と呼ばれます。

また耳障りの良い「ダイバーシティー」という単語が多様性をより柔らかく伝える単語として用いられています。

しかし、本当に「ダイバーシティー」で「インターナショナル」がプリスクールはどれだけ都内にあるでしょうか?

生徒・保護者と教職員の国籍の多様性があること=国籍のダイバーシティーであり、そこに相互に理解し尊重する文化が学びの実になることでようやく本当の「インターナショナルプリスクール」と呼べるのではないでしょうか?

多様な生徒が手を繋ぎ学ぶ。たった一コマですが、本園の学びを表す光景です。

多様性のある生徒・保護者・教職員の構成と多様性を認め尊重する校風。

そしてその上のコミュニケーション言語として英語と日本語。

その言語の背景にある文化。

それらの違いを認識し、尊重し、学び合うのは簡単なことではありません。

GSAインターナショナルスクールのほんの一枚です。

日本でもアメリカでもない、インターナショナルな教育。それが本園にはあります。

日本を代表するUWC ISAKが姉妹校に来る。

それがひとつの証拠なのです。

あなたのお子さんに、本当のインターナショナルスクールを。

◾️入園説明日程

2018年9月21日(金) 開場: 9:45 / 開始: 10:00

2018年10月11日(木)開場: 9:45 / 開始: 10:00

◾️持ち物
上履きと靴を入れる袋をご持参ください。

◾️説明会ご予約方法
説明会にご参加希望の方は、こちらの予約フォームからご予約下さい。
https://goo.gl/forms/bOXKSZbqgHc6GSag1

教職員一同心よりお待ちしております。

GSAインターナショナルスクール
〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26

TEL:042-512-8317
Web:http://school.gsacademy.com