安全/セキュリティー

お子様の安全のため、次のような対策を設けています。

セキュリティー

関係者以外は立ち入る事ができないようになっています。訪問者には写真付きのIDの提示をお願いしています。 また、煙探知機、消火器が設置されています。

衛生環境・設備

non-toxic (人体に害のない)素材のサニタイザー等を用いて掃除を行っています。 掃除用品は、子ども達が触れない場所に保管。 玩具や、レッスンで使用する道具、家具などは細菌の繁殖を防ぐため、定期的に消毒をします。

健康管理

本園は、認可外保育施設として東京都知事に受理されています。そのため、安全・衛生面でも東京都の基準に則り運営されています。
年二回の定期健康診断、歯科検診は、春と秋に実施しています。

2歳児クラスは、お子様の様子を連絡帳を用いて保護者様と連携し、心と体の成長を見守ります。
3歳以上の園児は、担任の教員が登園時に体温を計測し、その子の毎日の健康状態を確認しています。

子ども達の健康状態には常に気を配り、急に体調悪化や、感染症(水ぼうそう・はしか・手足口病など)の疑い、他のお子さんへの感染が心配される場合等にはすぐに保護者の方に連絡をさせていただきます。 また、必要と判断した場合は指定の病院に職員と一緒に診察を受けることがあります。

薬の服用が必要なお子様は医師からの診断書が必要です。薬は、安全な場所に保管いたします。 また、アレルギーのあるお子様は、詳細・写真を加えた表を教室内の見やすい場所に掲示します。

緊急時

本園は、東京消防庁の防火・防災管理者が定期的に研修し、防災計画を東京消防庁に提出しています。災害時の避難経路、避難場所は入学時に保護者と確認しています。

地震、火事などの災害時、緊急時の対応については防災計画通り、毎月避難訓練を行っています。 防災訓練では、毎回異なる状況下においてもこども達が安全に避難できるように習慣化するように訓練をしています。

教職員

英語を母語とする教員は、海外の大学などで学び教員免許取得している人材を優先して配置、日本語を母語とする教員は、国内外の大学で学び教員免許だけではなく英語力とコミュニケーション能力を満たす人材を採用しています。

外国人教員の採用試験は、かなり厳しく、教員として資質を見極めるために百人から数名の候補を選び、面接から実際の実技試験を経て採用しています。
教職員は災害時の避難経路と避難場所、応急処置、CPRの訓練を受けることが必須となっています。